小顔を叶える!フェイシャルエステ

ダイエットに励んでも、意外と成果が出ないのが顔。

顔の肉は落ちてもさほど大きさは変わらなかったり、フェイスラインが思うようにならなかったりで、顔に関するお悩みはつきないですよね。
そんな自力で実現できない小顔になるためには、エステの力を借りましょう。
サロンでのマッサージ等の施術は、慢性的なむくみを解消し、ぱっちりした目元や、引き締まったフェイスライン、すっと通った鼻筋を実現することができます。
また、血行がよくなるので、くまの解消や顔色がよくなったなどのうれしい効果もあります。
根本的にゆがみを直したい方や骨格を整えたい方は、今話題の韓国式小顔矯正の「コルギ」がおすすめです。

フェイシャルエステ
モデルさんの中で口コミが広がり、導入しているサロンも増えてきています。
ただし、コルギは痛みがとても強いので、絶対小顔になりたいという強い意思が必要です。
でも、痛みという代償がある分、効果は抜群です。

フェイシャルエステは、美肌効果があるだけではなく、シミ、しわ、ほうれい線、黒ズミなど色々な顔の気になる点を解決してくれます。
ポーラのフェイシャルエステは最近電車広告などでもさかんに広告していますし、スリムビューティーハウスに関しては、多くの方が知っていると思います。
脱毛サロンが昨今流行りましたが、最近フェイシャルエステが流行っています。
私はいくつかの体験サロンに伺いました。
その中でのおススメのフェイシャルエステサロンはこちらです。

私が勇気を出して体験したところ、今まで何をしても目立っていた頬骨のまわりのお肉の存在感が減りました。
二重顎も解消され、横顔に自信が持てるようになりました。
顔が大きいだけで垢抜けない印象になってしまうことは、実にもったいないですよね。
是非エステで綺麗を手に入れましょう。

まつげのダメージを回復させるお手入れ方法

・まつ毛って何のためにあるの?
まつ毛は目の保護にためにあります。私たちの目はまつ毛がないと、いろいろなゴミが入ってきて、目の表面を傷つけてしまうこともあります。
また紫外線が直接目に入ると、角膜に刺激を与えることに…。そんな小さなゴミや紫外線などを防いで、目を健康に保つために働いているのです。
また顔の印象を左右することもありますね。まつ毛はメイクで変化させることもできるので、人への印象を残す方法として有効なのです。

・まつ毛をきちんと見ていますか?
まつ毛を見るのは、メイクの時だけという人も多いでしょう。しかもその時には、どのようにメイクをしようかということが頭にあり、本来のまつ毛をしっかり見ていない可能性があります。実はじっくり見てみると、まつ毛が均等に生えておらず歯抜け状態になっていることもあります。また途中で切れて短いというところもあるでしょう。そうすると全体に少ない、短いと印象になるので、まずはまつ毛が健康的に生えそろうように努力することが大切です。

・過度のメイクはまつ毛に負担になる
まつ毛は3ヶ月程度で生え代わるといいます。あまり目に見えて生え変わりがわかりませんが、傷んでも、その後健康的なまつ毛がはえて来るのですね。
またまつ毛をメイクしていじることは、目力を与え、印象を変えることが出来るので、とても楽しいことです。しかしながらまつ毛の毛穴は、目のふちにあるし、とても繊細な場所なのですね。
いつもいつもアイメイクを施し、まつ毛も休み暇がない!アイメイクを落としきれずに残してしまったら?まつ毛が抜けたり、毛穴が詰まってしまう可能性も大きいです。その結果まつ毛が成長できないこともあるので、しっかりメイクを落とすことが大切なのです。

・まつ毛のお手入れの原則
まつ毛のお手入れの原則は、保湿をするということです。
まつ毛に負担をかけていると、毛の表面は傷つき傷んでいます。それを正常化して強いまつ毛にするためには、保湿が何よりも重要です。また保湿をすると毛穴と毛根が健康的な状態になるので、頑丈なまつ毛がはえて来るし、抜けにくくなってくるのです。
また体内からお手入れする方法としては食生活の改善を行って必要な栄養素を取るということ。目の周囲の血行を良くして、まつ毛の育毛を促すこともできます。

・具体的なまつ毛のお手入れ方法
馬油は、古来から皮膚科で火傷の治療などで使用され、最近ではヘアケア製品にも含まれることも多いです。
ヘアケアで使用されるというのですから、もちろんまつ毛にも効果があります、まつ毛の表面をコーティングしてくれるので、薄く塗って保湿を心掛けることが大切ですね。

まつ毛美容液は、まつ毛専用のもの。そのために安心して使用することが出来ますね。専用液には太くする、強くする成分が含まれています。またまつ毛の抜けを防ぐこともできるのですね。

目の周りの血行を良くするには、マッサージが効果的です。マッサージより摩擦が発生するためにあらかじめマッサージオイルを使用して行うと良いでしょう。
目の周りをゆっくり指で押していく、目の周囲をくるくるとマッサージするだけでも血行が良くなり効果があります。お風呂に入っているときにホットタオルをあてて目の周りを温めるのもいいです。

繊細なまつ毛は丁寧なお手入れが絶対

私は、メイクの中でもまつ毛命というほど、まつ毛には力を入れています。
なので、もちろんお手入れはしっかりとしています。
まつ毛も年齢と共に毛が細くなり、そして本数も少なくなってしまうので、お手入れは本当に大事です。
*メイクを落とすときは必ず部分クレンジング
メイクを落とすとき、クレンジングで顔全体を落とすときに合わせてマスカラを落とすのは良くありません。
必ずポイントメイクを落とす専用クレンジングでまずマスカラを落とします。
私が使っているのは、ソフティモの部分用リムーバーです。
ドラッグストアなどで手軽に購入できますが、とても優秀です。
コットンにたっぷり染み込ませ、目を閉じてコットンを乗せます。決して擦ることはしません。
擦らなくても、30秒ぐらい指で押さえるだけで、かなりマスカラは落ちます。
もちろんウォータープルーフマスカラもしっかり落とすことができます。
マスカラが落ちた後、顔全体のクレンジング。目の周りは優しく落とします。
*お風呂上りは必ず美容液をたっぷり
美容液は付ける付けないで全く違います。美容液は絶対に付けた方がいいです。
沢山の美容液が今は出ていますが、私がその中でお勧めなのが2種類あります。
まず私が現在使っている美容液、フローフシの美容液。
バライティショップで1200円ぐらいで購入できます。
チューブ型の珍しいタイプで、まつ毛に直接塗るのは手になります。
なので、まつ毛に優しく塗ることができます。
今生えているまつ毛を力強く、そして切れたり抜けたりしたまつ毛を伸ばしてくれます。
またこの美容液は、瞼に塗ることによってアイクリームとしても効果があるようです。
2つ目のお勧めは、スカルプDの美容液。
いわずと知れた育毛剤のメーカーが出している美容液。それだけで効き目があるように思えます。
見た目もピンク色で可愛らしく、これもバライティショップで購入できます。
切れてしまったまつ毛が、しっかり伸びます。
*エクステよりもまつ毛パーマ
今多くの人がエクステをしていると思います。でも私は昔からまつげパーマ派です。
エクステはやはり自分のまつげを痛めることになると思うのです。
エクステをしている間はいいかもしれませんが、やめた時にかなりまつ毛のダメージがありそうです。
実際私の友達はエクステが取れるときに、自分のまつげも切れてしまって傷んでました。
また、ビューラーを毎日してカールさせるよりも、1か月半に1度のパーマの方がダメージは少ないです。
このまつ毛パーマにもこだわっています。私が通うサロンはセラミドパーマという保湿をしながらダメージを防ぐ施術法です。
期間は1か月半間隔で通っています。
*お手入れすると必ず効果が分かるまつげ
手をかけるほど、効果がわかるのがまつ毛だと思います。
沢山ある種類の中で自分に合う美容液を見つけると、かなり痛みなどを改善することができます。
常に一定のまつ毛を保つことも可能です。
あとは、日常のちょっとしたこと、肌と同じで乾燥させないこともダメージを防ぐ事になります。
きれいな長い沢山のまつ毛は女性らしさを一番にアピールできる部分です。
日ごろのお手入れをしっかりして、メイクをしていなくても長いまつ毛のきれいな女性を目指します。

お肌を守る産毛の剃り方とコツ

わたしは額、眉、口周りの産毛が濃いため、以前はついつい必要以上の処理をしてしまっていました。
剃ったあとお肌が荒れたりつっぱったり、ちゃんとキレイにしたつもりでも剃り残しがあって外出先で焦った経験もあります。
そこで理容師の方から教わった正しい顔の剃り方とお手入れを実践したところ今では肌トラブルもなくツルツルもち肌を維持しています。
その方法とは、まず毛抜きで抜いては絶対ダメ。
ぽつぽつした発赤や皮膚のたるみの原因にもなるようです。

顔の産毛処理は肌のコンディションがいいお風呂上がりや蒸しタオルで温めてからの方が負担が少なく、また綺麗に処理できます。

化粧をしたままや、汗などで汚れている肌に剃刀を当てるのは絶対やめましょう。
よくお風呂の中で洗顔のついでに剃っていたのですが、これはお肌に必要な皮脂まで取ってしまうため結果肌のつっぱりやガサガサの原因になっていました。

なので、シェービングクリームか乳液を用意し、剃るところだけに少しずつ薄く塗ります。フェイス用剃刀で、産毛の毛の流れに逆らう方向で剃刀の刃を当て、逆の指で皮膚を張らせるように軽く引っ張り、力を入れずに滑らせるように剃ります。

フェイシャルクリーム
コツは、クリームはたっぷり塗らないこと。
剃刀は剃ったら綺麗に拭くか洗うこと。
それから、刃を当てるのは1箇所につき一度だけ。何度も往復したりガリガリ剃らないことです。
剃り終えたら洗顔料を使わず洗い流し、低刺激の化粧水でたっぷり保湿しお肌のキメを整えます。
剃 刀の刃はよく剃れるものを使用するのが一番大事です。
わたしが愛用しているのは、ガード付きではない、昔からあるポピュラーなステンレス刃の剃刀です。
剃り残しもなく一度に綺麗に剃れます。
3~4回使ったら新品にしてるのですが安くて良く剃れるのでコスパも文句なしです。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/finemp3audio.com/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類